pa-teke-den

続・パーテケ伝!!水奮闘記とその日常…
病院からの電話

最近、肩から上が痛み歯なのか顎なのかわからなかったので一応取り急ぎ歯医者に行った。

歯茎が腫れているので多分細菌が入ったのでしょうと治療をしてくれた。

少し通うことになった。

癌と言うことも知っているので「リンパのほうの痛みどうですか??」と色々気にかけてくれる(気がする)。

今回は転移なのか、とも思ったのでそういう気遣いがありがたい。

そして午前中歯医者へ行き、帰りに実家に寄ったらお昼時だったので母がご飯を作ってくれた。

そして食べ終わってお茶でも飲んで・・・などとしていると携帯が鳴った。

画面には「総合病院」の文字。

 

乳腺の予約は10月。結果はその時のはずである。

瞬時に冷や汗がでる。

 

「もしもし・・・」

病院が本人確認をしてきてから「形成外科ですけど・・・」

 

あ〜〜〜〜〜っ!!!

 

そう、今日予約でしたよね??

忘れてないですよ!!

ただ、前回先生がもう異常がなければコレで終わりでいいですと言っていたので!

すっかり(再建・傷は)調子が良いので勝手に卒業していいものだと思ってましたが!

 

というと先生に確認します!

と、しばらくして「やっぱり一度見せてもらいたい」とのことです。

んじゃ今から急いで行くようにします!と病院に向かう。

 

一瞬焦ったぜ。

でもなんでだろ??「今度は1年後ですが何もなければ来なくていいですよ」と言っていたのに。

 

そしてわりとスムーズに診察。

「ごーめんなさい!ごめんなさい!なんだが勝手に解釈したのが違ってました!」

と入って相違した理由をすり合わせる。

先生は傷(ケロイド)の治療が一段落着いたので傷のほうは何もなければ1年後に、と言ったつもりだったようだ。

そしてシリコンに対しては厚生労働省?とかで年1回診察をするのは決まりとのこと。

稀にシリコンを入れていると副作用的なものでリンパ腫(血液癌とか言っていた)になるらしいからだ。

ただ、早く見つければ取ってしまえば治る病気なので年1検診が義務という。

なんだよそれ!超怖いじゃん!!

 

と、私は何もなければ1年後来なくていいですよ、と理解してしまった。

そして前回(この形成の)先生が「なにかここに小さいシコリがありますね」と言ってくれたので

その後の大きい検診の時にシコリがあるからよく見てください!!と言ったら再発だったんです。

早く見つけてくれてアリガトウゴザイマス!というと驚いていた。

なんだかそれから手術したり大変だったので再建の続きも「どうでも」って言っちゃうとアレですけど、実際そんな感じだったので。

と話を聞きながらカルテを見てくれ「大変だったんですね」とねぎらってくれた。

そして傷も診てくれ(最近乳腺外科では傷も見もしない)

ケロイドも放射線治療をやったからか前より良くなっているみたいですね。と嬉しい事言ってくれるじゃないか!

 

そんなこんなでまた1年後ですけど、とか話しながら

・今からまた自家組織での再建はできるか?

ーできる。しかし心労もあるだろうし再発の治療が一段落したら考えたほうがよい。

・では、シリコンを取ったほうが治療に有利だったりしないか?

ー大丈夫。もしシリコンのせいで病巣が見つかりづらいのでは?という心配があるならだけどそれもないとは言えないけど今のところは治療しているのだからこのままでもいいと思う。

など、聞いたりできた。

シリコンは雨が降ったりすると痒くなったりするので、お腹のお肉で再建できないだろうかは考えていたので良かった。

納得して帰ってきたが、今コレを書きながら「一段落」も大事だけどお腹も切るという手術なので若けりゃ若いうちにやってもらったほうがいいのではないか?とも思ってきた。

今度乳腺の先生にも聞いてみよう。

 

なにしろココのところの不調。

電話が鳴った時にホントビックリするくらい色んな思いが巡って焦りました。

 


にほんブログ村

乳房再建について | 21:46 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
術後の傷跡

モモと腕にあったおでき(皮下腫瘍)を切除術を2015年11月に、2015年の6月には再建の手術をした。

再建の後の傷口のケアも割と一生懸命やったほうだと思う。

ケロイドが残る体質なのである10年以上前に急性腹膜炎でお腹をパックリ切った傷もしっかり。

今は綺麗に治るというから再建もやってみたけど、良くしたもんで普段見えやすい所にあった腕の傷は綺麗に。

太ももは腫れあがらず傷跡だけが残った感じ。

胸の傷は無理そうだな〜

iPhoneImage.png

下が胸の傷です。

お腹の傷もこんなに時間が経っても消えないし、再建もとりあえずこれで終了でいいと思うなぁ。

次回形成は8月。

とりあえず形成はそれで卒業できるといいなぁと思う。

 

先日、ロト7の5等が当たった。2100円。

今キャリーオーバーが出ているらしい。

 

当たったらYES、高須クリニックに行って傷を綺麗にしてもらって巨乳にしてもらってついでにしわもとってもらう!!

 

 

 


にほんブログ村

乳房再建について | 22:03 | author ぱーちくりん | comments(4) | trackbacks(0) -
再建手術からもうすぐ1年
どうも!
生きてます!
最近は5本指ソックスにハマッています。ぱーちくです。
iPhoneImage.png
かわゆい!
タイトルにあるように1年なので先日、形成外科に行ってきました。
予約時間1時間前に病院に着き、形成外科に到着すると担当の先生の名前が見当たらない・・・
一抹の不安を覚える。
私としては、割と気があっていたと勝手に思っていた先生だったのと、以前母の病院ですごく優しい担当の先生から相性の悪い先生に代わってしまったこともあり、待合室で気が気じゃないっ!のだが・・・
病院に行くと時間つぶしの為に買う健康の雑誌
iPhoneImage.png
も、中々頭に入っていかない。
で40分も待ったあたりで いよいよ呼ばれた。
「担当が代わりましたよろしくお願いします」とご挨拶。あら感じが良い。
2ヶ所の皮下腫瘍切除術の跡を見て「これからもっと綺麗になりますよ」と言ってくれ、胸の傷を見ながら「乳頭は?」と聞かれたので「胸の傷のミミズバレが酷いので、なんだがもうどうでもよくなっちゃいまして・・・」と答えると
「それじゃまずこの傷治しましょうか?」と言ってくれた。
んなことできないと思っていたからちょっと嬉しい!てか、たいぶ嬉しい!
早速治療が始まった。
ミミズバレ(ケロイド?)の部分にステロイド注射をしていくという。
「結構痛いですけど、痛かったら止めてもいいので言ってください。」
私は痛みに強いほうなのですが、そんな風に脅かされるとマジでビビるのですが、出てきた注射ってのが今まで見たことのないような形状をしていたのでさらにビビる。
そんなこんなで一回目の注射はバチンとすごい音がした。
「どうですか?」
「ん〜痛いといえば痛いですけど、それほどでもないし、我慢できます。」
というわけで続行。ミミズ状の傷にそってバチバチ7回くらい?打っていった。
もちろん1回では良くならないので大きい病院にもしばらくは月,把未Δ海箸砲覆辰燭、前向き治療なので苦ではない!
帰る時にも「これからもよろしくお願いします」と言ってくれ、ホントいい先生で良かった!

というわけで一度お休みしていた乳房再建、完成に向けて前進したのでありまぁす。







 
にほんブログ村
乳房再建について | 21:27 | author ぱーちくりん | comments(6) | trackbacks(0) -
皮下腫瘍切除手術3ヵ月後の傷事情
イボだかおできだか・・・妙に気になって昨年11月13日の金曜日に取ってもらった。
手術は2個の腫瘍切除、部分麻酔で30分ほど。
すぐ治るかと思っていたが、甘い。テーピングなども3ヶ月で終了を目安に継続していくものらしい。
一つは左手首内側にあったので、傷がためらいっぽくてかなわん。
胸の傷は再建後約8ヶ月経過しているが、テーピングもまだしているのだがミミズバレのような感じがおさまる気配がない。
抗がん剤もしくはジーラスタの副作用なのか高熱が出たとき、全身がかゆくなって意識朦朧の中かきむしってしまった。
その時に首や胸の傷まわり、足など至る所に黒いあざっぽくなってしまった。
他のところはもう10ヶ月経過して綺麗になってきているが胸の傷周りはあまり黒ずみが消えない。
保湿なども心がけているつもりなのだが。そんなこんなで再建もこれでいいかな?という気もする。
まあ気長にいくべ。
閲覧注意の現在の傷。
iPhoneImage.png
しかし、私としたことが右足のおできの横のほうにまだ一つおできがあったのだ!
ついでに取ってもらえばよかったのだが、うっかりノーマーク。
以前、顔面に少し気になるおできが出来て、中々傷が治らなかったので、ネットであれこれ調べ本来顔に使うのは危険そうだが「たこの吸出し」なるものを使用してみた。
結果は、ずっと取れなかったおできが2〜3日で消えたっぽい。使用方法も曖昧だったのでこれが効いたのかは半信半疑だが。
おできに対し、そんな量も使わないので、大量に残っているから、足のイボ(紛瘤っていうのよねー)に使ってみようと今チャレンジ中なのだが、絆創膏に塗って貼っているので傷の周りがかぶれてきた・・・
こちらも経過はかみんぐすーん!

 
にほんブログ村
乳房再建について | 21:48 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
傷口のケア

 乳がんの手術から傷口にマイクロポアテープを貼るように言われた。

傷口が綺麗に治るらしい。交換の頻度なんかは先生は曖昧なので改めてネットで検索。

頻繁に交換しないほうがいいらしい。

2〜3日で交換してたぜ!ってか、もうし始めて10ヶ月ほど。終わりそうだったので安いところを探して購入。Amazonで検索したら100円くらい安かった(´;ω;`)

1年くらいはして欲しいってことなのであと10ヶ月でしょ?

交換の頻度も減るともう今あるやつで充分だし。損した!






交換するとき、バイオイルを使ってリンパマッサージをしてからテープを貼るようにしている。



傷跡が綺麗に治ると評判。

これは安いところがあんまりないので、近所のドラックストアでポイントが倍とかの日に買うのがオススメっす!

再建から2ヶ月ではまだ効果は見られないが、気長に続けていきたい。

抗がん剤かジーラスタの副作用で高熱が出た時に湿疹も出て、傷口のあたりを掻いてしまった。

ので、黒ずんでしまっているのだ。これにも効いてくれることを期待したい。

リンパマッサージを毎日しろと言われたときは、なんて面倒くさい身体になったんだ!と思ったものだが、禁煙して1日約1・5箱30本×5分150分が浮いたと思えばその分をマッサージに当てればお釣りがくる!とも思うし、風呂上がりの日課になってしまえばなんてことがない。

ガンと言われ、手術を受け、右手禁止とか言われてマッサージ毎日しろと言われるし、抗がん剤やって副作用で苦しんで、ホルモン治療で薬を5年飲めと言われて。

うんざりした日もあったが、マッサージやヨーグルトを食すなど日課になった今。

生きる、ということは普通のことを普通にこなしていくのだと思った。




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
乳房再建について | 20:13 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
再建後の下着事情。

 エキスパンダー中はチューブトップの下着をつけていた。



冬場だったのでそれで過ごせました〜^^





マンモベルトなるものをしばらくして欲しいとのことですが、一応病院で勧められたものも購入しましたが、近所の大型スーパーで骨盤ベルトを購入。



これで十分だったと思いました〜!

値段も病院で勧められた物の半額程度だし、通気性もこっちの方が良くて暑い時は助かった!

ドンキとかでも売ってると思います。

それでも7月末には「もうしなくていいよ」と言われたのでラッキー!この暑さじゃたまらなかった!

エキスパンダーの時もチューブトップとユニクロのブラトップなどを使っていたのですが、暑くなってきたらブラトップが便利!でも洗い替えで大量に欲しいけどユニクロ高い!

ってんで、しまむらなんぞの類似品を購入してみたが、洗ってすぐヘタレたりしてしまい、安物買いの銭失いに。

GUに行き着いたが、これが調子がいいんでこれを大量に購入した。


再建して2ヶ月。

今まで使っていたブラジャーは、まとめて押し入れの奥で眠らせていたが、いでよ!

と取り出し、つけてみると違和感半端ない。

ない胸を必死で盛るタイプのものが多かったのだが、シリコンでは盛れず。

相変わらずブラトップ的なのをつけています。

楽チンだから( ノ゚Д゚) よし!とするか!




にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
乳房再建について | 22:18 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
再建手術終了後1.5ヶ月経過と心境

 再建の手術が終わって看護師さん数名、乳腺外科の先生2人、形成外科の先生、みんなが

「ああ、綺麗に治ってますね。」と示し合わせたかのように言いやがる。

傷にはマイクロポアテープが貼ってあり、見えないくせにっ!

2日に1度くらいの頻度でテープ交換をするのだが綺麗じゃないんだよ。

いや、綺麗という気持ちもわかるが、そう、元には戻らないんだよと実感したのである。

わかってはいたけどね。

そんな中術後約1ヶ月検診にて乳輪乳頭再建問題が勃発。

正直そんなものどうでもいい気持ちもあるのだ。

と先生に告げると「おばあさんにはそう言う人もいますけどねぇ。」と年寄り扱い。

しかも全身麻酔を希望すると入院になるらしい。

ん〜悩むし持ち帰らせてくれと言うと、では3ヶ月後に、ということになった。

1年近く毎月会っていた人にそんな事を言われると妙に淋しい気分。


ここのところ忙しくてマイクロポアテープの交換が1週間近くできなかった。

今日久々に交換してみると、なんと傷がだいぶ綺麗になっているではないか!

抜糸の時、先生が「傷が盛り上がっているのはわざとですからね。落ち着いていきますから。」と言っていたが、落ち着いただけでだいぶ違う!

綺麗になるとわかると欲が出てきてやっぱり手術受けようかしら?などと思う始末。

でももうゴールしたと思っていたのでまた入院や治療を素直に受け入れられないとも思う。

ウイニングラン?エキシビションマッチ?アンコール?

どう思えば納得できるのかが問題である。






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
乳房再建について | 21:19 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
いざ再建、そして大部屋か個室か最大のテーマである その2 と入院費

ガン摘出の時より随分楽といえば楽なような気もするし、大部屋にも居づらいし、先生は夕方来るってんで、翌日の午前中には院内散歩に出かける。

階段を使い下から屋上までテクテクテクテク。

1時間も歩いていないのだが、妙に疲れてきたので部屋に戻り寝ることに。

うーん、すこぶる悪い。何か悪い。

お見舞いは13時からのはずが、同室の人にお見舞いが来ていてずっとしゃべっている。

うーん、ほんとに何か変だ、と思い熱を計ってみると38.0。

部屋もうるさいんでフラフラしながらアイスノンをもらいに行くと寝てなさい!と看護師さんに怒られる。

戻って寝ているが、話し声がうるさい。もうかれこれ2時間以上いるのでは?

と思っていると隣の人も調子が悪かったらしく「うるさい!」と喝を入れてくれた。

やっと少し休めた!

看護師さんが心配して来てくれて熱をもう一度計ると38.3。

先生も駆けつけ「なんでだろ〜?」と血液検査をしたりしたけど、「フラフラするけど大丈夫ッス!」と部屋の外のトイレに行ったりウロウロしていたら翌日には熱が下がった。

またもや原因不明らしい。

元気にもなったのだが、あんまり無理しないでと看護師さんに言われたのでなるべく部屋にいる。歳も近いのか、同室の方々が仲良くなって色々と話をしている。

私は少し離れていたのですが、仲良くせねばと話に加わるも終わらないし、ずっと立ってるのも辛いので適当に切り上げて自分コーナーに行く。

今回もハゲ頭ってこともあり、家族以外の人にはお見舞いを遠慮してもらった。

静かに過ごしたかった。病院なので静かに過ごせると思った。

ヘッドホンをして音楽を聴いてもまるで女子校のような賑やかさ!

絶対熱が上がって退院が伸びるなんてあってはいけない!と気合を入れた甲斐があってか、予定通り木曜に退院できることになった。

嬉しすぎて爆笑してしまった。

トイレや、電気問題などいろいろあって、今後は絶対に個室にしようと誓う。

6月26〜30日 入院費45440円

7月1・2日15880円  合計61320円


え〜!安い!10万しないなんて!って感覚がおかしくなってるのか!?

こんなに安いなら大部屋に・・・


という気持ちにはならず、よくよく考えたら、もう入院をしないようにすればいいのだ!

と、後に健康オタクにでもなってしまう勢いなのでありました。


というわけで、無事再建も終わり一段落ついて暑い毎日、ビールを呑んで元気に乗り切ってます!







にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
乳房再建について | 22:07 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
いざ再建、そして大部屋か個室最大のテーマである。 その1

 病院の都合で月曜手術の場合、日曜に入院の手続きができないので金曜に来て入院と外泊の手続きをして、日曜の夜に戻ってください。で、退院は木曜予定です。とのこと。

外泊もするし、短いから「大部屋でいいっす」って言うと「あれ!個室の人だよね!?」

などとハムの人みたいな言い方。3回入院してそんなイメージなのだろうか。

でもいいんですよっていうと「ふーん。大部屋のほうが色々怖いことあったりして!」って小声で何言っとりますのん!?

入院当日、早速他人との共同生活開始1時間ほどで心が折れ、早々に帰宅。

見た感じ、個室に空きはなさそうだったので今更変更もできない・・・。

まぁ、短いからさ。

日曜の夜に戻り夜トイレとか気使うし!意外と神経質なところもあるんですわ。

我慢我慢我慢。

手術は午後1時〜腹ヘリ〜な。

我慢我慢我慢。

歩いて手術室へ。陽気な看護師さんが気を利かせて音楽をかけてくれたが、何の曲がわからない間に麻酔が効いて寝てしまった。気づくと「終わったよ!」と起こされた。

完全に酔っ払い状態でヘラヘラしながら「あ〜先生がいる〜!終わったの〜!?」などと言った記憶がある。その後旦那はんに「今回覚醒があまりうまくいかなかったようで、時間かかったみたいよ」って言っていた。全く覚えがない。

術後の痛みにも耐えて、看護師さんにゴロゴロしてもらったり着替えさせてもらったり本当に頭が下がります。

やっとの夕食もあまり食べれず。でも前回のガン摘出手術の時よりは少し楽な感じ。

あの時は全然食べれなかったもの。

同室の人も手術だったりもしたし、身体がまだ大変だったのもあり、部屋のストレスはなく手術当日は過ぎていったのでありました。








にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
乳房再建について | 23:04 | author ぱーちくりん | comments(1) | trackbacks(0) -
何故登るのか そこに山があるから
再建手術が終わった。
経過など、良好らしい。
ガーゼにくるまれていて、まだ見れていない。
早くやっと出来た「自分」を見てみたいものである。
しかし痛い。

同じ病棟に時折「おーい」と叫ぶ殿方がいる。連呼しては辞め、また思い出したように叫ぶ。思い出したら夜中でもお構いなしだ。
お茶でも飲みたいのかと思ったが、山びこの如く繰り返される。

何故叫ぶのか、そこにナースがいるから...なのだろうか。

面白いが、長居するところではない。
退院が早まりそうなのでホッとした。
こんなときは叫びたい。

「おーい!!」



そうだったのか!?
乳房再建について | 21:32 | author ぱーちくりん | comments(3) | trackbacks(0) -
リンク
  • 1/2PAGES
  • >>