pa-teke-den

続・パーテケ伝!!水奮闘記とその日常…
<< 10月診察から思うこと | TOP | ティンバーランドのブーツを洗う >>
10月の治療から思うこと

前回の続きみたいな。

 

診察を終えて、処置室に向かう。

看護師さんから「ごめんね〜。先生の許可がおりてなくて。ちょっと待ってもらうけど。」と言われた。

そういえば先月もそうだった。

勝手に主治医→薬剤科→処置室と許可がいるものだと思っていたが、そうではなく主治医が許可を出し忘れているだけのようだ。

終わってからも看護師さんたちが「お待たせしてゴメンね〜」と声を揃えて言うが、「申し訳ないから、今度は覚えていたら先生にちゃんと許可まで出して!って診察の時言ってね。」と言われた。

忘れないでおきたい。

 

いつもの注射にいつもの点滴。

良くなる」と思って、毎回受けているけど何に作用しているとかあまり考えたことがなかった。

疑問を感じたら「迷い」が生じる可能性が。

それでも、今一度自分の病気と向き合い治療法や今後の事を考え直す必要があるのかもしれない。

しかし今のところは数値が良い。ゆっくりでいいかなとも思う。

 

会計はいつもより少し安かった。

またうっかり得した気分になったが、前回体調不良の時に血液検査をしてもらったのでその分がいつもより減っているだけだった。

 

それにしても随分と時間がかかる一日だった。

お昼もだいぶ過ぎていたが、静岡のインター近くに新しくできたいきなりステーキでご褒美ランチをすることにした。

いきなりステーキは平日ランチが17時までなのである。

iPhoneImage.png

新しくできて1週間も経ってない上に、入り口に「前日の台風の影響で従業員の出勤が出来ておらず不手際があります」と書いてあった。

確かに。

 

その後、処方箋を取りに薬局へ。

痛み止めと筋弛緩剤を飲んだらえらい目に遭い大変だったので、痛み止めだけにしてもらった旨を話したら「痛み止め」ではならなかったか少し気になるニュアンスを含む表現で聞かれる。

本当はこの時、気づけばよかったのだが確かに不調の時1回2種類の薬を飲み、寝る前に痛み止めをもう1錠飲んだ。

痛み止めは2回飲んでいるのだ。

まあ処方されてお会計になったらいつもよりかなり金額が高かったので一瞬動揺した顔をしてしまったのか薬剤師さんに

「この痛み止めが高いんですよね〜〜〜」と言われてしまった。

貧乏性も手伝い、その後体調不良を感じた時に飲んだらまたえらい目に遭ってしまった

恐ろしくてもう飲めないし、薬代3000円近くも無駄にしたことになる。

新しい薬は少量から始めて、合う合わないを確認してからにしないといけないのか。。

また、自己管理しなければいけないことが増えた。

 

薬に振り回される日々が続いた。

そんな日を早く卒業したいもんだ。

 

ポチッとありがとうございます。↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 

乳がんといわれて | 05:16 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
リンク
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://www.mizusoul.link/trackback/559
トラックバック