pa-teke-den

続・パーテケ伝!!水奮闘記とその日常…
ハロウィンとお休み

ハロウィンなんてものに浮かれているやつにウチの酒は飲ませねぇ!!!

 

なんて息巻いていた時期もありましたが、病気になってから「来年も迎えられるだろうか…今を大事にしなければ」と考えるようになった。

死ぬとかじゃなくて、生きてたって治療でそれどころではなかったりするかもしれないし。

イベントは大事なのだと思う。

 

当店のハロウィンは10月26・27日でやろうと思う。

パーティーするわけでもなく、暇でもお客さんが来なくてもやればいいのだ。やりきるのだぁ!!

というわけで引っ張り出してきた白塗りのドウラン。

iPhoneImage.png

消費税が5%の時のものである。

 

そして翌週は連休します。

iPhoneImage.png

 

それから当店の名物看板

iPhoneImage.png

が、台風の前に大家さんの意向で取ることになった。

 

あんなに大きな台風だったので良かったと思うが、入りにくく

いつやっているかワカラナイお店が更に謎感が増して名前もわからなくなった。

iPhoneImage.png

今日、知人から電話があって「つぶれたのか心配なんだけど」と言われた。

iPhoneImage.png

たまに外に向かって一人でも踊っているのも手伝って更に入りにくくなった模様。

 

ポチッとありがとうございます↓↓↓


にほんブログ村

 

 

水〜OVER 30’S SOUL〜 | 22:18 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
Refaでお手入れと・・・

最近は時間にも余裕ができてきた。

そして老いも年相応に表れる。

 

なんとかせねBAR・・・

 

以前購入して最近はなかなか出番のなかったRefaでマッサージを再開することに。

 

鏡にうつった自分の恐ろしさから思いっきり力強く時間をかけてマッサージ。

消えろっ消えろっ消えろ〜〜〜っ!!と力を籠め法令線・あごの肉と重点的に。

 

翌日鏡を見ると顎にあざが。

iPhoneImage.png

(これはその翌日、少し薄くなったさま)

 

去年亡くなった小林麻央さん、最後は顎に転移してシップみたいのを貼っていたっけ。

その時、顎にも癌は転移すると驚いた。

不調の頃からどうも顎あたりは痛かったが、反対側なんだけど。

マッサージのやりすぎかもしれない。気にしすぎだよ…と思っていたら3〜4日で消えた。

 

何事にも限度があると知った。。

 

 

 

ポチッとありがとうございます。↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 

美容 | 21:12 | author ぱーちくりん | comments(1) | trackbacks(0) -
ケアマネさん

ケアマネさんを選ぶにあたり、前回父の時も「誰か知り合いいます?」と聞かれたが、今回も聞かれたし介護系のHP見ても慎重に選べと書いてある。

父の時は早急に決めなければならないということもあったが、今回よく考えてみることにした。

長い付き合いになるし、イヤならいつでも言ってくれれば変える事の出来るシステムだが、そんなん言いにくい。

父の時にお世話になった訪問看護師さんが偶然にも旦那さんの知り合いだったのでその人を頼りに「気のいい人」を紹介してもらう事になった。

 

翌日電話があり、早速面会する事に。

話をして、室内用手すりや歩行器を借りる事に。

家の中の事は兄に、外での歩行器などは私も意見させてもらった。

歩行器は後日、合いそうな物を数種類持ってきてもらいお試しの末に選ぶ事になった。

 

私の願う、リハビリテーションへの通いも言ってみた。

半日や1日の選択肢があり1日だと入浴までさせてくれるという。

元々出不精な人だが、父が亡くなってから酷くなり。

そこから歩行が急激に困難になってきたように思う。

行くのをシブっていたが、入浴と言う言葉に反応した。

家のお風呂は小さくて湯船に浸かれないみたいだからだ。

少しでも行く気になってきている、このチャンスを見逃さない!

と、風呂の無い2軒と珍しく半日でも風呂のある1軒をお試しで行く事にしてもらった。

 

話をしていると「私もこういう性格なので…」と乗り気じゃない理由とか言い出すのを一緒にフムフムと聞いてくれ、「イヤならすぐ辞めればいい、全部お試しなんだから」と何だかんだで悟す私を見て「そーですそーです」と上手く乗っかってくれた。

 

てか、客商売をしているのも手伝い人を見る目は少し肥えている。

サバサバしていい人だ。

 

ただ、面会が終わった後母の様子が少しおかしい。

きっと自分がおばあちゃんになってしまった事がショックなのだろう。

気持ちのケアもしなければならない。

 

介護保険の申請してからのブログ

申請は役所で書類をもらって記入し、また持って行きました。

家族から見た簡単な症状などの質問とで、数日後に面接の日程が電話連絡があり。

何度も経験することではないので、もう少しシステムがわかりやすいといいのですけどね。

 

 

ポチッとありがとうございます↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 

【非課税】星光医療器製作所 歩行補助器 (アルコー3型) 3M型
星光医療器製作所
売り上げランキング: 15,803
母の事(介護) | 21:21 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
抗がん剤終了3年6ヶ月後の頭髪事情など

そして最終散髪から来月で1年

伸びた。

iPhoneImage.png

時折切りたくなるが、歳を取ると短めにしがち。

最後のロングヘアのつもりで伸ばしたいと思いながらも今が一番邪魔くさいのか切りたい衝動に駆られる。

不調だった頃、髪が邪魔だったので毎日一つに結んでいた。

それも頭痛の原因の一つだったかもしれないとなるべく下ろすようにした。

少しは症状も落ち着いている。

 

つるっぱげからクリクリの白髪交じりの髪が生えてきて毛染めに悩み。

薬品の毛染めが怖いとヘナマロンで毛染めを繰り返してきた。

2年経つともう白髪で悩むのがイヤで何を思ったか金髪にし始めて、それからは青にしたり赤にしたり。

楽しかったが、2年半で我に返ったのか黒に戻した。

 

3月中旬から放射線治療が約1ヵ月半のスパンで始まり、少し遅れて父の看病もした。

あの頃から自分の頭なんかに構ってられず。

最近やっと落ちついてきたので美容にも気が回るほど気持ちに余裕が出てきた。

毛先はブリーチなどで無茶した名残が凄いのでケアをしていきたい。

 

しかし再発をしている身にとっては、いつ治療法を変えるとか言われかねない。

また抗がん剤をする、と言われたら・・・丸坊主になるのはかまわない。

3年も経てば伸びる。

抗がん剤を経験して、それは一番戻りたくない日々なのだよな〜。

最近の薬の副作用で寝込んだ数日、布団の中で抗がん剤がどれほど辛かったかを思い出した。

 

美容と健康は常に隣り合わせだと数年で学んだ。

「病気を治す」にとらわれずに「綺麗になる」「痩せる」など、徐々に意識を変えて生きていきたい。

 

そして、3年半も過ぎるが先日足の先がビリビリと痺れだした。

まだまだ後遺症?副作用?に悩まされる日々は続いているのかもしれない。

 

ポチッとありがとうございます。↓↓↓


にほんブログ村

 

 

 

グリーンノートグリーンノートヘナ オレンジブラウン
グリーンノート (2003-03-17)
売り上げランキング: 10,551

 

抗がん剤治療 | 01:27 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
母の介護保険

10年前に脳出血で左半身に麻痺が出たが、4カ月の入院・リハビリで普通に生活ができるように。

その時、障がい者認定をもらうか否かを話したが当時は審査がもう厳しくなっており。

認定されないだろうという意見と、当時は母が嫌がったのだ。

 

その後、やはり以前より足が上がらなくなったのか転ぶことも増えた。

骨折をして寝込んでからが良くなく、杖なしでは歩けなく。

2年ほど前からは外出したがらくなり、父が亡くなってからは歩くことも大変になったよう。

 

どげんかせんと。

 

そう思い、まずは区役所に行って介護保険の申請を行った。

これは、「悪くなってきたかな」と思ったら早い方がいい。

申請から判定結果が出るまでは1カ月以上かかる。

その間、何もできないままなので状況は悪化していったように思う。

結果が出たが、何をしていいのかわからぬまま数週間経過した。

 

いつも通り、定休日の水曜は母を誘ってお買い物に行こうとすると嫌がったが家に籠っていてはダメだよと連れ出す。

が、2週間前に買い物に行った時よりもだいぶ良くない。

 

これはいけない。

まずは歩行器を借りて、リハビリに通わせないと!!

と、介護用品のレンタルショップに飛び込んで「カタログ下さい!!」そう言うと丁寧に相談に乗ってくれた。

私の「まずは」は全然違ったのだ。

 

まずは「居宅支援事業者」というところで「ケアマネジャーさん」を決めその人と「ケアプラン」を決めてからその人に合う介護用品や通所リハビリなどを活用するかを決めていくという。

 

申請が通ったらと簡単に考えていたが、そうではないようだ。

 

しかしその「ケアマネさん」さえ決まれば家族の負担は楽になるらしい。

 

もっとシステムが分かりやすいようにならないかな?とも思うが家族が勝手に決めて事故でも起こったらいけないから「ケアプラン」は大事なのはわかる。

早急にケアマネさんを探して前に進んでいかねば。

 

 

ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック
阿久津 美栄子
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2017-02-28)
売り上げランキング: 7,112

にほんブログ村

母の事(介護) | 17:18 | author ぱーちくりん | comments(0) | trackbacks(0) -
リンク